ワイエスデンタルクリニック Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アストラテックインプラント
astra_lpic4.jpg
アストラテックインプラントは純チタン製2ピースのインプラントシステムで3つの特徴があります、
最新の表面構造であるOsseoSpeed(オッセオスピード)と特徴的な連結様式のConical Seal Design(コニカルシールデザイン)については以前書いていますが、
もうひとつの特徴は Microthread(マイクロスレッド)といわれるフィクスチャーの頚部にある微小なネジ構造です、この微小ネジで骨を適度に刺激し、剪断応対力を低減、フィクスチャー表面全体に均一に荷重を分布させます。
一般的なインプラントではかかる荷重の大部分をインプラントの頸部1~2㎜の部分で支えますが、アストラテックインプランはこれを広く分散し、一部分に過大な応力が集中しないようにデザインされているわけです、コニカルシールと共に頸部の骨吸収が起きない理由はここにあります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。