ワイエスデンタルクリニック Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オッセオスピード、ハンズオンセミナー
astrapic1.jpg
欧州で発表されてから7年くらい経ったでしょうか、ようやく日本でもオッセオスピードの認可がおりました。
オッセオスピードとはアストラテックインプラントの新しい表面構造で、従来のタイオブラストに代わるものです。
特徴としては表面にフッ酸処理を施され、従来に比べはるかに早期に骨との結合(オッセオインテグレーション)を獲得することです。HA(ハイドロキシアパタイト)コーティングのように被膜の剥がれの心配もなく、歯槽骨周縁部での経年的な骨吸収もほとんどみられません。
非常に完成されたインプラントシステムでスウェーデンの大学病院でも公式採用されています。

名古屋の学会でもオッセオスピードのセミナーが開催され、私もシステムの変更点を確認してきましたが、埋入時のドライバの改良など、従来型の不満点はほぼ解消されていて非常に満足しました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。