ワイエスデンタルクリニック Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3D画像解析
OriginalPng_convert_20120316141929.png
当院ではインプラントの治療計画立案の際、ノーベルバイオケア社のクリニシャンソフトを使用しています。
これを使って患者さんのCTデータをもとにPC上で3次元での手術シュミレーションをしたり、補綴物の設計まで出来てしまいます。
安全なインプラント治療には無くてはならないものなのですが、このソフトがPCに対しての要求スペックがなかなかに高くてPC選びに難儀します、、、
グラフィックカードがクアドロ指定な時点で市販のノートは全滅です。

診療時間にはなかなかゆっくりシュミレーションを行う時間もないため、持ち運びできるノートPCで探すとDELLのモバイルワークステーションM6600をカスタムする他なく、ほぼ選択の余地がありません(HPでカスタマイズしても出来るのですが同じスペックで価格がかなり高くなります)。

先日、下尾先生のノーベルガイドプランニング教室に参加させていただいた時、3名の先生が自分のノートPCを持参してきていたのですが、見ると3人とも私と同じM6600!
電源入れると重量4キロの重量級ノートPCは持ち運びが大変ですよね、先生方お疲れ様でした。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。